患者さまへ

手術までの麻酔の流れ

[麻酔前投薬]

麻酔が円滑に行われるように、手術室入室前に行う投薬のことで、手術に際して患者様の不安を抑え、鎮静させることにあります。手術室に入ってくる1時間から1時間30分前ぐらいに、飲み薬(錠剤やシロップ)、筋肉注射などを行います。これらの処置の後はのどが渇いたり、少し眠くなったりします。患者様の状態によりこれらの薬は使われないこともありますが、麻酔には問題ありません。

[手術室入室]

手術室入室
手術室へは病棟のベッドで移動します。
手術室に到着しますと、お名前を確認させていただきます。
当病院では、入り口にはベルトコンベアのような機械があります。横になったまま病棟のベッドから手術台のベッドに移ることができます。

手術室移動

麻酔科担当医、担当看護師と一緒に手術台のベッドで手術室の小部屋へ移動していきます。

麻酔

部屋へ到着すると、心電図のシールを貼り、血圧計を巻き、指にもシールを貼ります。点滴の注射も行います。
準備が整いました、いよいよ麻酔を行います。

ページ先頭へ